top of page
検索

『なんとかなる』

北海高校3年神保凜太朗です。

いつも北海サッカー部を応援・サポートしてくださりありがとうございます。


私が北海サッカー部での3年間で一番感じることは「なんとかなる」ということです。


私は一年生の頃、サッカー部には場違いなほどの下手くそで、あまりに周りとの実力差があるため、ついていけるか不安で仕方がありませんでした。

しかし、一年が過ぎ2年生の後半になる頃には先生方や仲間のおかげもあって、そんな不安は無くなり、普通にみんなと一緒にサッカーができるようになりました。


今も下手くそであることには変わりありませんが、前向きにサッカーができています。最初は無謀に思えて不安になるようなことでも、後になって考えてみれば「なんとかなる」ものだと思えます。


しかし、この「なんとかなる」は危険を孕む考え方でもあることも事実です。

「少しくらいさぼってもなんとかなる」「本気を出さなくてもなんとかなる」のような考え方です。

自分もよくやってしまいます。むしろ、こっちの「なんとかなる」を選んでしまうことのほうが多いかもしれません。


一回くらいなら、この甘い考えを捨てて「本気でやる」ことはできるかもしれません。

しかし、これを毎日、ことある毎にこだわるのはなかなかできないことだと日々痛感しています。


私はこれらの経験から大事にしたいと思っていることがあります。それは、無理を承知でやってみることです。自分が一番下の立場になるような環境にこそ積極的に入り挑戦することが、一番自分を成長させるのだと考えます。


言うのは簡単ですがやるのはすごく難しく、そして不安なことであるため、自分もそんな環境に入ることから逃げてしまうことばかりです。しかしこれからは、逃げずに「なんとかなる」という前向きな気持ちを持って困難にこそチャレンジできる大人に成長したいと思っています。


ご拝読ありがとうございました。


閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page