top of page
検索

『感謝』

北海高校サッカー部2年加賀谷心です。

いつも北海高校サッカー部を応援・サポートしてくださり、ありがとうございます。


卒業シーズンを迎えており、北海高校も今週卒業式が行われます。

振り返るとピッチ内外での3年生の振る舞いや行動はものすごく大きな存在感があったのだと感じます。今まで本当にありがとうございました! そしてお世話になりました!


高校2年生である僕ですが、今回、卒業について「自分事」として考えてみました。

その時にまず思い浮かぶ事として「感謝」という気持ちです。

コロナ禍も経験し、あたり前があたり前ではないという事を思い知らされた中で今、僕が大好きなサッカーを思いきりできる環境や、それに関わる全ての人達に「感謝」の気持ちがわいてきます。

思い返すとたくさんの人たちに支えられていると感じます。

家族 先生 指導者 仲間たち(チームメイトはもちろんの事、クラスの友達や学校全体が応援してくれています)。

小学校2年生の時に出会ったサッカースクールのコーチが僕にサッカーの楽しさと技術を教えてくれました。中学時代では、サッカーを通していろいろな事を経験させてもらい、当時の監督にも、とても感謝しています。


高校サッカーでは、いよいよラストシーズンとなります。


好きで続けているサッカーなので自分が悔いのないように全力で取り組むのはもちろんですが、常に「感謝の心」を忘れず打ち込みたいと思っています。

辛いときや上手くいかない時があったとしても、支えてくれる人たちのためにも頑張る。

この気持ちがあれば、何倍もの力が湧き出てきます。


残された時間は少ないですが、全力を注ぎ、行動や結果で感謝を示せるよう日々を大切にしていきます。


ご拝読ありがとうございました。



閲覧数:358回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page