top of page
検索

『なんで俺だけ』

北海高校サッカー部水野雄大です。

いつも北海高校サッカー部を応援・サポートしてくださり、ありがとうございます。


『 なんで俺だけこうなるんだ』

『 いつも俺ばっかりこうなる』


皆さんの中でも一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?何か自分にとって悪いことが起きるとすぐ周りと自分とを比較してしまい、できない自分に『 俺ばっかり』と言って、『しょうがない』といって受け入れて終わる。

私自身このような状況に陥った時、いつも『 こういう運命だから仕方ない』と思いその事について深く考えるのをやめていました。


そんな私を変えさせる出来事が起こったのは、3年生の春の時のことです。

春遠征が終わりいよいよこれからシーズンが始まるという中、練習中に怪我をしてしまいました。初めはこの怪我は『しょうがない、一刻も早く治そう』と思っていました。

しかし、いざ復帰となった練習試合、そこでまた同じ場所を怪我してしまいました。


当然、開幕戦には間に合う訳もなく仲間たちの闘っている所をただ観ていることしか出来ませんでした。

『 なんで俺だけこんなに怪我しないといけないんだ』と、こうなってしまった事に腹を立てていました。

いつもは神様を信じる私でしたが、この時ばかりは神様なんていないと思ったほどです。 そんな自分にハッと気づかせてくれたのは練習中に言われたある言葉でした。


『 怪我は必然』


私はこの言葉を聞いて今までの怪我に対する価値観がガラッと変わりました。

そこで、今の自分と向き合って何が必要なのか考えました。そうすると、考えていくうちに、この怪我が必然と思わせるような答えにたどり着きました。

もし、この時にこの言葉を聞いていなかったら私は一生、悪い出来事は運命のせいにして、『しょうがない』と片付けていた事でしょう。

そして、その事実に対して自分を変えようとせず周りの環境が変わるのを待つ。そしてまた怪我をする。そんな負のスパイラルに陥っていたかもしれません。


物事の大抵は上手くいかない。でもその上手くいかないというのは必ず自分に原因がある。だから、周りのせいにするのではなくまず自分自身を変える必要がある。


この怪我を通して心からそう思えるようになりました。


ただ、一番大切なことは、そう思ってからの「行動」です。


自分を変えることが出来るのは自分だけ。でも、そんな弱い自分はなかなか抜けていってくれません。いくら自分で自分の顔をぶん殴ったとしても、弱い自分はいなくなりません。

弱い自分に打ち勝つためには、継続した意識が必要です。


意識が変われば行動が変わり

行動が変われば習慣が変わり

習慣が変われば人格が変わり

人格が変われば人が変わり

人が変われば人生が変わる


私はこの言葉がすごく好きです。

たった1つの意識で人生までもが変わってしまう。とても理にかなった言葉。

それだけ意識するということがどれだけ重要なのか分かります。


私自身まさに今が変わらなければいけない時です。どんなに苦しくてもこの高校サッカーという舞台で活躍出来ることを信じて日々努力していきます。


最後になりますがプリンスリーグ、ブロックリーグ共に残すところ半分となりました。仲間と共に過ごす日々、1日1日の練習を突き詰めて悔いの残らないように全力で取り組んでいきます。



ご拝読ありがとうございました。


閲覧数:34回0件のコメント

Comments


bottom of page